保険の達人を目指そう!

​万が一事故を起こしてしまったり、自然災害で会社や自宅に損害が出てしまったり、病気や怪我で入院してしまったりした場合、経済的に手助けしてくれるものが保険です。不幸なとき窮地に陥ったときに救ってくれるサービスのなかで、保険ほど優れたものはありません。

しかし助けることができるのも、しっかり保険を付けていることが前提条件です。それには、お客さま自身が自分を取り巻くリスクを知り、それに対して保険で対応するべきなのか、自己資金でまかなうべきなのか、判断がつかないといけないのです。そして保険で対応するのであれば、どのような保険に入り、どういうときに保険が使えるか知っておかなければいけません。なぜなら、保険に入っていても使い方を知らなければ「宝の持ち腐れ」になってしまうからです。ここでは、お客さまが知っておくといざというときに、役立つ保険情報や活用方法、保険の考え方、病気に対する情報など載せていますので、チェックしてみて下さい。