【基本】儲けを生み出す「資産」とは?



@鶴ヶ島市の事務所より



資産とは?


”売上” や ”利益” を生むものです。


仕事で使えない資産は、資産ではありません。



資産の元を辿ると、資産は現金が姿を変えたものです。



例えば、

  • 現金 → 建物・車両・土地・機械

  • 現金 → 棚卸資産

  • 現金 → 情報

  • 現金 → 人(BSには載ってこないが)



資産を使って営業活動をして、売上・利益をあげます。


そして、資産はまた現金に戻ります。


これの繰り返しです。


多くの企業でみる現象は、資産がお金を生んでいません。


資産が資産では、なくなっているのです。




理屈からいえば、現金から姿を変えた資産は同じ金額の(またはそれ以上に)現金になって戻るはずです。



何が言いたいかというと、、、


含み損になっている資産が自社内にありませんか?ということです。




昔の人の言葉で、

  • 現預金  → 元気与金

  • 売掛債権 → 売欠災圏

  • 在庫商品 → 罪古障害品

  • 固定資産 → 固定死産

と言ったものです。

あなたの会社にこんな資産があったら、儲かっていない証拠でしょう。



つねに綺麗な帳簿を心掛けてください。


売上や利益を生む資産だけを揃えてください。



ー根本寛也


P.S.

無料メルマガ登録はこちらから


2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示