【社長のよくある勘違い】 売上を上げることと、利益を増やすことは違います!さて、違いとは何でしょうか?



@鶴ヶ島市の事務所より


売上を上げること 利益を増やすことは違います。

経営者は、これをわかってないといけません。


金詰まりを起こします。




資金繰りが厳しい社長がよくやりがちなことのひとつ。


資金繰りが厳しいから、売上を上げよう!


これは、もっと資金繰りを悪化させます。



  • 利益を伴う売上

  • 回転率の良い売上

このような売上に集中しないと、自分の首をしめるだけです。



デフレの時代は、"減収増益" を狙います。


キャッシュを持つように考えます。それが鉄則です。




では、売上を上げなくてもいいのか?

それは、業種によって考え方は違います。売上を増やさなければいけない事業があります。


それは、

  • 設備投資が大きい企業

  • 旅館

  • ホテル

  • 大型レジャー

  • 大型外食産業

などです。



または「費用が硬直化して柔軟性がない企業」です。


たとえば、病院など。


このような業種は、売上アップを考えなければ成り立ちません。



自分のビジネスが 「どんな特徴をもっているか?」考えてみましょう。


わからなければぼくたちと一緒に考えてみましょう。



ー根本寛也




P.S.

無料メルマガ登録はこちらから

14回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示