あまり知られていない。どうやってガンはできるのか?

最終更新: 5月17日


@埼玉県鶴ヶ島市の保険代理店事務所より



あなたは、なぜガンができるか知っていますか?


実は、ガンは、細胞のコピーミスから生まれるんです。


私たちの体の細胞は、約60兆個の細胞からなっています。


60兆個という数字は、ちょっと想像ができないですね、、、



そのうち毎日1%くらいの細胞が死にます。

(つまり、約6000億個です)


そして、減った6000億個の細胞を補うため、さらに細胞分裂をするのです。


細胞分裂では、細胞の設計図であるDNAを毎日数千億回コピーしています。


しかし、人間のすることですから、時たまコピーミスを起こしてしまうんですね。


これがいわゆる「遺伝子の突然変異」なのです。



コピーミスを起こす原因として、最大のものは「タバコ」です。


このほか、化学物質や自然に存在する放射線などによって長い時間をかけてDNAにキズが蓄積されていきます。


多数の突然変異を起こした細胞は、多くの場合生きていけませんが、ある遺伝子に突然変異が起こると、細胞は死ぬことができなくなり、止めどなく分裂を繰り返すことになります。



この「死なない細胞」が、ガン細胞なのです、、、


コピーミスからガン細胞はできてしまうんですね。


なるほど、なるほど。




これ、あなたは知っていましたか?


ガンについて知っているようで知らない。


そんな方が多いのではないでしょうか?


これからもガンについてお伝えしていきますので、今後も読んでくださいね。


ここまでお読みいただきありがとうございました。



ー資金繰り改善士 根本寛也




P.S.

やっぱりタバコは体に良くないんですね。

後悔してからでは遅いので、ぜひタバコは控えましょう。

それと副流煙は周りの人たちにとって最悪ですからね。

吸う人、気を付けましょう。



お知らせ

メルマガチックにこちらでも情報提供しています。

https://line.me/R/ti/p/%40nba0286p



資金繰り改善士が経営する中小企業専門の保険代理店。

借金返済保険のことなら日本で第一人者の根本寛也保険事務所へ。

法人保険の相談、見直し、資金繰り改善をお求めなら、埼玉県鶴ヶ島市の根本寛也保険事務所へ。




17回の閲覧0件のコメント