ぼくが思う価値とは?


@鶴ヶ島市の事務所より

価値って何ですか?

ってお客さんに質問されました。



  • 「価値を提供する」や「付加価値」、

  • 「価値あるモノ・サービス・人」

など、ビジネスで価値という言葉はよく使いますね。



でも、価値という言葉は、ボヤけてて意外とわかりづらいもの。




私が思う価値とは、ずばり「変化」のことです。




例えば、

  • 「できない→できるようにしてあげる」

  • 「わからない→わかるようにしてあげる」

  • 「不快→快楽にしてあげる」

  • 「不満→満足させてあげる」

  • 「不安→安心させてあげる」

  • 「不便→便利にさせてあげる」

  • 「不似合い→似合うようにさせてあげる」

  • 「無→有にさせてあげる」

  • 「ネガティブ→ポジティブにさせてあげる」

  • 「今のもの→より良くする」

  • 「嫌→好」

など自分ではできないことを、変化させてあげることです。




「働く」という言葉の語源は、「ハタ(傍)をラク(楽)にさせてあげる」ことだと言います。



ラクにさせてあげるとは、一言でわかりやすく表現すれば、「変化」のことです。



変化を与え、解決してあげることこそ価値なのです。



この「変化」をほかの人より、ほかの会社より上手にできることこそ、ビジネスになるのではないでしょうか。



お客さんが困っていて、上手に解決してあげられること。



そこに集中できれば、解決手数料としてお金(売上)になるはずです。



自分や会社を見つめ直してみましょう。



ほかの人より、上手に変化させてあげられるものが必ず1つはあるはずです。


もし、わからなければ一緒に考えてみましょう!




ー根本寛也



P.S.

無料メルマガ登録はこちらから

6回の閲覧0件のコメント