優良企業ほど決算対策の相談がよくくる



@鶴ヶ島市の事務所より



毎年決算対策の相談で、お電話をいただける社長がいます。


この会社は、素晴らしいです。



何が素晴らしいかって、決算書を銀行向けの決算書にしています。


決して、資金繰りが厳しい会社ではありません。むしろ、優良企業です。




「今期、こんなかんじなんだけど、銀行から見るとどう評価されるかな?」と相談してくれます。


「これこれこうだから、こんな感じにすれば問題ないんじゃない?」というかんじで返答します。


「わかった、そんな着地でいきます。」と、会話が終わります。



優良企業なのに、


慎重で、謙虚で、忠実に決算書をつくってくださいます。



こういう会社は、伸びますね。



真逆の会社

一方、先日、こんな会社が2社ありました。



最終損益で6万円損失。


6万円ぐらいであれば、いくらでも調整してプラスに持っていけたはず。


「なぜ、ちょこっとだけ損失を出したのか?」と社長に聞いたところ、「決算書が出来上がるまでわからなかった」とおっしゃっていました。


つまり、試算表を作っていなかったということですね。



実にもったいないですね。




粉飾をしろとは言いませんが、、、


  • 銀行向けの決算書、

  • 税務署向けの決算書、

  • 自社のための決算書

を考えるべきです。




小規模企業はとくに、銀行向けの決算書を死ぬほど考えるべきです。


理由は、銀行がいなきゃ企業が死ぬ恐れがあるからです。



銀行から評価されなければ、小規模企業は、死んでしまいかねないからです。


企業の見せ方も重要です。


そこのところ、よく考えましょう。



ー根本寛也



PS

無料メルマガ登録はこちらから


3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示