必要不可欠なスキル!潰れる会社の"経営者"ってどんな人が多いか?



@鶴ヶ島市の事務所より



潰れる会社の経営者ってどんな人が多いですか?

ってたまに質問されます。



ずばり、"数字に弱い人"です。


それと"行動が止まってしまう人"ですね。




まず数字に弱い人は、お金に弱いです。強くは、ありません。


お金に弱ければ儲かりません。



なぜなら、数字が理解できなければゲームのルールを理解できていないのと同じだからです。


どうすれば勝てるのか、元になる数字がわかんないのですからね。




数字が苦手な社長の傾向

傾向として、数字が苦手な人は営業が得意な人が多いです。


営業が得意な社長は、数字がゆるいです。


売上はたつけど、儲からない。こんな人がみてて多いです。




潰れる会社の特徴

潰れる会社のデータが出ているのですが、とくに倒産する企業の経営者の特徴は「財務管理能力の欠如」があげられます。


つまり当たり前ですが、数字(=お金)がコントロールできないから潰れるのです。



経営者は、経済環境や市場環境の「変化に対応できる能力」と、


企業の「財務内容を的確に把握し分析する能力」が求められます。




これは先日お会いした世界三大投資家のひとり、ジムロジャースさんも同じことを仰っていました。


良い企業とは、時代のニーズに合った仕組みを考え、変化する企業」と。



意識して養いましょう。


わからなければ、ぼくたちと一緒取り組みましょう。


ー根本寛也

P.S.

無料メルマガ登録はこちらから

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示