日本人は働きすぎ?!生産性を上げるには休息も必要!



@鶴ヶ島市の事務所より



最近サラリーマンが「フラリーマン」になっているらしいですね(笑)



フラリーマンとは、、、


働き方改革で早く仕事を終えたサラリーマンが、帰宅してもやる事がないからフラフラしているらしいです。



飲みいったり、漫画喫茶いったり、ゲーセンに行ってるらしいです。


勉強するか、趣味でもやればいいのに、、、もったいないですね。




デンマークの働き方

一方、生産性が高い国としてデンマークがあります。


デンマークのある会社では、1週間37時間の労働時間のなかであれば、どのように時間を配分してもいいみたいです。


私みたいなことをしている国があるもんなんだな、と思いました。



しかも総労働時間が日本よりデンマークの方が少ないのに、生産性は高いみたいです。


なんてこっちゃ(汗)




この生産性の裏には、デンマークに根付いている


ヒュッゲ


という生活慣習があります。




ヒュッゲとは、、、

  • 「新しい生き方・働き方」

  • 「あくせくしない生き方・働き方」

  • 「居心地が良い」

  • 「心が安らぐ」

というような意味があるようです。



メリハリをつけて働くって感じでしょうか。


体とココロのバランスを保つために、息抜きも必要ですね。



日本でも少し、ヒュッゲを取り入れてみましょうか。




ー根本寛也



P.S.

無料メルマガ登録はこちらから

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示