条件に当てはまる会社は要注意!倒産する企業の『特徴』とは?



@鶴ヶ島市の事務所より



倒産する企業の特徴ってあるんですか?

ってある社長さんに質問されました。



その答えは、、、


ある程度特徴はあります。データでも出ています。




倒産原因でまず言えることは、「業界不振ではない」ということ。


不況は関係ない。


外部要因より"内部要因"です。


不況のせいにするのは、「天気予報を聞いていない船長」のようなもの。



そして潰れる会社は、何かしらのアラームがでます。


その注意信号に気づかないと潰れます。


アラームが出たら、すぐさま対策をする。これができないと潰れます。




潰れてる会社をみると、

  • アラームに気づけていないことと、

  • 対策をできなかった。

だいたい、これが当てはまります。




また具体的にどんな会社が潰れる傾向か、一部を紹介すると、、、

  • 主力銀行を変更する企業

  • 不動産のない企業

  • 販売先が集中している企業

  • 市場の狭い企業

  • 創業者社長の企業

など、と言われています。




経営者はつねに、リスクを考慮しながらリターンを見極める。


リスクをあまり考えない、見つけられない会社は長くは続かない。


アラームに気づける仕組みを作りましょう。予知して未然に防げるようにしましょう。


わからなければ、ぼくたちと一緒に考えてみましょう。



ー根本寛也


P.S.

無料メルマガ登録はこちらから

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示