無から有をつくるおもしろさ



@鶴ヶ島市の事務所より



今日は資金繰りや資金調達とは関係のない記事ですので、お忙しいかたは読むのをやめてください(笑)



ゼロイチをつくる楽しさ

今日は、すごい人とランチを過ごさせていただきました。


普段の生活では忘れがちなことに、色々と気付かせていただきました。


今年も、もう年末に近づき、2016年は終わってしまいますが、何か大事なことに気付かされたような1日でした。



会話の中で、心に残った話がいくつかありましたので、その中で特に強く印象に残ったことを書きたいと思います。



今日お会いした方は莫大な個人資産を持っており、こんな人世の中にいるんだ、と思うような方です(会社経営者です)。


ホントの成功者?(笑)


そんな方でも苦労されて、資産を築きあげてきたんだなぁ、と思いました。



それを物語る一言が、次の言葉でした。



「無から有をつくりあげるから、ビジネスは面白いんだ。」


「最初から全て用意されていて、そこに少し手を加えただけで完成してしまうモノは、つまらない。」


「自分で試行錯誤して、作り上げるから、出来上がったときの達成感が強いんだ。」




たしかに、おっしゃる通りです。


お金持ちを見ると、あまり苦労をしていないんじゃないか、と思っちゃったりしますが、やっぱりやることしっかりやっているんですね。


当たり前のことを、当たり前のようにコツコツやる。


何も無いなかで、どうすれば、うまくいくか考える。


どうすれば儲かるか、いろんな作戦を考えてみる。ウルトラC的な裏技は、この世にない。



ホント、まさしく、そうです。


私もまさに、今、ビジネスをゼロから作り上げている途中です。


さまざまな苦しみがありますが、この言葉で、何か勇気づけられました。



皆さん、心が弱ったり、折れそうになるときってありますよね?


どんな商売にしても、どんな仕事にしても、最初は何もないところからスタートします。



だから、面白いんですよね。


だから、やりがいがあるんですよね。


わたしがいまの仕事で望むのは、ただひとつ。


地元の中小企業が、地元経済のために、ずっとずーっと永続的に、事業を営んでもらいたい。



そのためには、我々は、全力を尽くしてサポートします。


できることは、限られてしまうけど、お客様のために、できることは全力で結果を出します。



ただ、それだけです。


みんなの役に立ちたい。


ただ、それだけです。



最後に、社長は「その考え方は素晴らしいし、共感できるよ。」と、言ってくれました。


また明日から頑張れそうです。



ー根本寛也


PS

メルマガ登録はコチラから


4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示