【赤字企業必見】赤字でも事業保険って必要ですか?の回答の件

更新日:10月27日



@埼玉県鶴ヶ島市の保険代理店事務所より



「赤字でも事業保険って必要ですか?」


「赤字の会社にも、事業保険って売れますか?」


って、たまに聞かれます。


この質問は、お客さんにも、同業者(別の保険屋さん)にも聞かれます。




それに対する私の答えは、こうです。


"赤字の会社こそ"必要」です。




事業保険って、"儲かってる会社"が入るイメージのようです。



・決算対策


・節税対策


・退職金の積立


などの活用が多いため。



銀行も、税理士も、何にも知識のない保険代理店も、そんな提案しかしてません。


実際そんなものです。


私は銀行にいましたし、今は保険売ってますし、ビジネスパートナーが税理士なのでわかります。



会社の99%は中小企業です。


中小企業のほとんどが零細企業です。


そのうち "7割の会社が赤字" です。




ってことは、、、


黒字企業は3割以下しかありません。



では、生保のセールスは黒字企業だけ相手にしていたら、、、


3割の企業を奪い合いですか?




目線が違うでしょ。


本当に必要としている人たちは、他にいます。


赤字企業のひとたちが。



保険の原点に立ち返って考えてみてほしいもんです。


資金が足りなくなるリスクがあるのは、"赤字企業" です。


ってことは、万一のときお金で困るのは、赤字企業です。


よーく考えてみていただきたいです。



赤字企業さんは、どんなときに困るか考えてみてほしいです。


赤字で苦しんでいるんだったら、絶対保険は準備してもらいたいです。

ー根本寛也



P.S.

保険の活用方法がわからない方はお気軽にご相談ください。


P.S.2  

経営者向け企業版団信

こちらから




43回の閲覧0件のコメント