【赤字企業必見】7割の中小企業が準備しなければならないもの

更新日:10月27日



@埼玉県鶴ヶ島市の保険代理店事務所より



先日、ある社長からこんな相談を受けました。


「いまの業種は、人の確保もできないし、全然儲からない。借金が残るだけ。」



たしかに、その会社は、借金をリスケ(条件変更)しており、資金繰りが厳しい会社なんです。


「だから、別会社を立ち上げて、もう一度やり直そうと思っているんだよね、、、」と。



最近、こんな相談を受けたのは、これがはじめてじゃないんです。


じつは、ほかにも4社ほど、相談を受けました。


儲からないからやめたい、という理由もありますが、どこの会社も借入の返済に苦戦しているんですね。


要は、資金繰りです。



中小企業の末路は、じつに厳しいです。


日本全国に中小企業が約385万社あるなか、約7割の企業が赤字と言われています。


おそらく、多くの中小企業は、


将来、


・後継者がいなく、事業を畳むか、


・借金だけ残って破産するか、


こんな企業がもっと増えるのではないかなと予想しています。



借金をするのは簡単ですが、「返す」というのは、意外と難しい技術です。


借入手続きと同時に、借金に対するリスクヘッジもぜひ怠らないでください。

こちらから



ー根本寛也



32回の閲覧0件のコメント